Yanoman project

アクセスカウンタ

zoom RSS 解熱鎮痛薬を50錠飲んでしまったら・・・・

<<   作成日時 : 2006/02/08 15:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うちにしては珍しく、もらってきてからずっと家の中で「お犬様」として大事に飼われている「ララ」ちゃんですが、先日のこと、何かの拍子で頭痛生理痛のイブプロフェン製剤が床に落ちていたらしく、5錠まるごとゴックンしてしまったらしいのです。
ララは体重7Kgくらいなので、人間に換算すると50錠も一気に飲んだことになります(@_@;)

すぐに(かどうかわかりませんが)病院に連れて行って注射を打って連れて帰ってからは、胃の中のものはすべて吐き出し、30分おきに血便です。
昨日も1日中30分おきに血便状態だったので、再び病院に連れて行ったら、「よく死なないで済んでよかった」みたいなことを言われてしまいました。

2日目も注射を打ち、ご飯が食べれないので、ブドウ糖もうって帰ると、今度は注射が効いたのか、30分おきにトイレというのはなくなりました。
今日も朝から血便が出るようならご飯はあげないで、血便が出ないようになったら少しずつご飯を上げていってくださいということでしたが、今朝の状態は微妙なカレーにケチャップが混ざったような状態(^^ゞ

飼い犬にしてみたら、食べることが唯一の楽しみみたいなこともあるので、早く良くなってほしいもんです。

ちなみに、イブプロフェン製剤の副作用を調べてみたら、こんなでした。

  (消化性潰瘍・胃腸出血) 胃痛、腹痛、下血(血液便、黒いタール状の便)、吐血
  (腎臓の重い症状) 発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り
             、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。
  (肝臓の重い症状) だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ
              皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
  (重い血液成分の異常) 発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(青あざ)や歯肉からの出血。
  (重い皮膚症状) 高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い
             水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
  (喘息発作の誘発) ゼーゼーする、息が苦しい。
  (ショック) 気持ち悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、胸苦しさ
         めまい、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
  (その他) 胃痛・腹痛、吐き気、吐く、食欲不振、口内炎、発疹、じんま疹
         むくみ、肝臓や腎臓の働きが落ちる。

・・・・・・・(;一_一)

薬に副作用ってのは、と〜〜〜っても恐いことが改めて思い知らされました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
解熱鎮痛薬を50錠飲んでしまったら・・・・ Yanoman project/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる